金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

楽天の決算説明会を見てみた

このたび楽天の2022年度第2四半期決算説明会を見てみました。その感想です。

2022年度決算短信・説明会資料|楽天グループ株式会社

今回楽天の決算説明会を初めて見ました。結論から言うと非常に分かりにくいと言う印象です。残念。

決算説明会だから、利益が増えたのか減ったのか、何をどう改善していくのかといったことがメインだと思うのですが、三木谷社長はひたすら「事業が成長している」「世界に注目されている」「技術力が素晴らしい」といった抽象的なことばかり話していました。成長率の数字はあっても金に関する数字はほとんどなかったです。
私を含め多くの人が、モバイル事業だけでインターネット事業とフィンテック事業の売上を余裕で溶かす2四半期2,600億円の損失について、今後どうするのかを聞きたかったと思うのですが、それについての説明はほぼゼロ。しかもプレゼン資料が見にくい…楽天ほどの大企業でこれ?笑

この社長は、ウクライナの女性を集めて乱交パーティーをしたと国会議員に暴露され、もみ消しのためにあらゆる手段を用いているとその国会議員に言われているように、ひょっとしたら自分に都合の悪い事は正面から受け止めない性格なのかと勘繰ってしまいました。

そして質問タイム。

記者の質問ではほぼ社長が対応。質問は仕込みを疑うほどどうでもいいことばかり。

続いて機関投資家の質問。一発目はモバイルの収益改善見通しについて。これだろ普通は!!記者は一体何をしに来たんだ!?

最後の締めで社長からコメントは「株価が安すぎる」とのこと。株価は市場が決めること。決算書によると資金繰りがかなりきついのは私でも分かる。私はこの株は買わないなぁ。配当が出せるようになったら少しだけ考えよう。