金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

【本】外資系金融の終わり

本棚から「あれ、この本て何だっけ?」と手に取ってちょっと読み始めたら、面白くなってそのまま一気に読了となってしまいました。
リーマンショック前後の外資系金融の変遷を中心に書かれた本です。
外資系金融はやりたい放題やって何千億円も暴利を貪るくせに、金融危機になると政府が暗黙の保証で助けてくれるという不合理な流れが解説されていました。有名な「too big too fail」ってやつです。

しかも、リーマンショックの時は結局そこで働いていた人間たちが高給でそのまま再就職したため、一番儲かったという裏事情が暴露されています。助けたのはなぜか日本企業…は?なんでこんな人たちを救う人があるのか本当に不思議でしょうがありません。

そういうフザけた金融に対して当局が規制を強めたため、外資系金融はリスクを取らない日本企業のようになってしまい、外資系金融が終わりというようなストーリーです。

この方の本を初めて読んだのですけども、著者は人気ブロガーらしく文章が語り口調でとても面白かったです。今度違う本を読んでみようかと思いました。