金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

「室温28度」のワナ…「7万円の光熱費」の節約で「4000万円の損」が出た意外なワケ(川口 友万) | マネー現代 | 講談社

"「室温28度」のワナ…「7万円の光熱費」の節約で「4000万円の損」が出た意外なワケ(川口 友万) | マネー現代 | 講談社" https://gendai.ismedia.jp/articles/-/97704?imp=0

「まさにこれ」という記事を発見。

我が社は残業時間になると冷房が止められてしまいます。

残業時間こそ環境を良くして「早く仕事終わらせて帰ってね」とするのが普通の判断だと思うのですが、うちの会社は「なに残業やってんだよ早く帰れよ、オラ、灼熱地獄の刑じゃ」と言わんばかりに意地悪をしている状況なのです。

残業の間はみんな汗をかきながら仕事をしているので、効率が良くなるわけがありません。当然、ある仕事にかける時間が通常以上にかかってしまい、残業が残業を生み出す状況となっています。

わずかな冷房代をケチってそれ以上に残業代を支払うという、記事にあるような全く意味不明な状況なのです。

経営者は何を考えているのでしょうか。私にはわかりません。というかむしろ笑える。