金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

【本】民間防衛

 

前から持っていた本ですが、今回改めて読み直してみました。


他国がある国を侵略するときにまずやる事は、情報機関を抑え、デマ情報を流し、国民が政府を信用しないようにするなどして国内を混乱させ、それに乗じて少しずつその国に侵略していくとのこと。


あれ、おかしいなぁ。どこかにこんな国があったような気がするなぁ。あ、わが国だ。笑。

 

日本のマスコミは既に陥落。侵略の最終段階。

簡単な理屈として、なぜ米軍基地を糾弾するのにチャイナの尖閣侵攻は何も言わない?なぜ東京オリンピックを散々中止しろと言っていたのに、北京オリンピックには何も言わない?東京オリンピック中止デモの参加者にはバイト代が出たらしいではないかw

 

先日、ジムのロッカーでおじいちゃんが、「日本より韓国の平均給料の方が高いんだって。日本はもう終わりだね。」と話していた。

平均給料が高いということがどういうことかわかっているのだろうか?ダメだこりゃ。経済学以前に算数ができないようだ。

 

マスコミの言う事を真に受けてしまう高齢者を中心とした情報弱者は、本当はかわいそうな人たち。

 

コロナ禍で在宅勤務になり、テレビを見る機会が増えた身内の思想が左に寄ってきてしまった。まずい。

 

テレビ・新聞は捨ててしまわなければならない。そして、ネットに溢れるデマを見抜かなければならない。

 

私のような個人にできる事は、このような情報を少しでも多くの人に知ってもらうこと。

まずはこの本を読むべし。