金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

年末年始の日記

  1. 今年も年賀状の季節が来た。私は年賀状をほとんど書かない。どれほど書かないかというと毎年5枚くらいか。それも、来た人に出す派。今はメールやSNSで年中繋がっているので、年賀状なんていらないのでは。
  2. 年賀状を出すことが文化だという人がいるのであれば、それはそれでいいだろう。ただし、ただ印刷した紙をポストに放り込むという行為は、意味がないだけではなく相手に対して失礼ではなかろうか。私は、書く人には紙の半分くらい手書きでメッセージを書く。
  3. 年末に紅白歌合戦があった。私は年末は親類と過ごすので、自動的に紅白が目に入ってしまう環境にある。しかしながら、今回の紅白は特につまらないと感じた。無駄な演出、明らかな口パク、カラオケレベルの歌手、視聴率稼ぎ要員、一年を締めくくるのには不相応な面々等々、一体NHKは何がしたいのでしょうか。そりゃあ視聴率の最低をたたき出すわけだ。そもそもなんでNHKが受信料を大量に使ってこの番組をやらなければいけないのか、私には本当に疑問でしょうがないです。私はほとんど裏でYouTubeを見ていました。ユーチューブの年越しライブの方が100倍面白かったです。
  4. 今日は箱根駅伝がありました。駅伝の中継に関しては、私が毎度書いているように、わざとアナウンサーが声をワントーン上げ捲し立てるような実況をしているのが本当に不快でしょうがない。そして消音へ。明日は見ないで外に運動しに行くことにしました。
  5. 駅伝の運営が自粛を求めている中、沿道に人がたくさんいることに対して、ネットで「マナーがなってない」などといった書き込みがありました。しかし私が思うに、こういった書き込みをする人も駅伝の運営も、他のスポーツ競技で観客をたくさん入れていることに対してどう考えているのでしょうかね?また昨日も書いたように初詣客はこの観客以上にすし詰め状態です。なぜそちらには何も言わないのでしょうか?本当にやっていることがメチャクチャで笑ってしまいました。沿道に応援に行くのは間違っていません。根拠のないア○な考えには従う必要なし。どうしても人に来てほしくなかったら、駅伝をやらなければいい。