金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

財務次官の警鐘を無視するな: 日本経済新聞


財務次官の警鐘を無視するな: 日本経済新聞

またまた日経新聞からです。

私は全文を読みましたが、無料で読めるところだけで見ても、次の通り選挙で選ばれた政治家を軽視する思考が表れています。内容はもちろん、財務次官擁護です。

f:id:ossan-kabu:20211023093419p:plain

ちなみに、寄稿者はキャノングローバル戦略研究所のこの人。

f:id:ossan-kabu:20211023093751p:plain

さすが、キャノングローバル戦略研究所は違いますね。一研究員が、キャノングローバル戦略研究所の看板を背負って民意を無視する論評するとは、やはり一流企業様は違います。

この方、経歴もご立派なようです。

f:id:ossan-kabu:20211023094044p:plain

しかし、東大から官僚に進んでも、これほど頭を悪くしてしまうのか。残念。ちなみに40過ぎてから学歴を出すのは、逆に仕事ができないと宣伝しているようなものと私は考えています。まぁ学歴を隠れ蓑に周りを騙せるのはせいぜい40までということです。それ以降は、今までどのように生きてきたのか、どのようなことを学んできたのかということで人は評価されると思います。

 

この人、上記日経新聞には、「政治家は民意を体現していない、だから財務次官が政治に意見してもいい」というトンデモ理論を展開しておりますが、肝心の経済・財政については、朝日に寄稿しているようです。

矢野財務次官は間違ったことを言ったのか?〜公務員はロボットではない - 山下一仁|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

 

ここで、特に面白いのがここ↓

f:id:ossan-kabu:20211023094903p:plain

これだけでもツッコミどころ満載です。成長の「せ」の字もない。笑。また、記事の中で、矢野次官は間違ったことを言ったのかとも書いているが、「間違ったことを言った」んだよ。これがわからない時点で既に末期症状。

 

さて、話を戻しますが、日経新聞は本当にどうしてしまったのでしょうか。既に財務省の便所版から、ペットのトイレシートでは飽き足らず、言論テロまで起こそうとしてるのでしょうか。

日経新聞も最近は、朝日や毎日のように、自分たちの思想を代弁するN=1の論評を取り上げるパターンが多くなってきたような気がします。だめだこりゃ。

それにしても、岸田はこんな次官一人をクビにできないとは。完全にナメられていることに早く気付けよ。。。

 

国家財政の嘘はもう誰でも知っていますが、意外とわかっていない人も多い。この動画がわかりやすいでしょうか↓


www.youtube.com