金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

埼玉・小川町メガソーラー、希少野生動物への懸念 | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース


埼玉・小川町メガソーラー、希少野生動物への懸念 | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

開発と環境で思い出しました。

数年前に私が関わったちょっとした開発案件で木を伐採することになったとき、ある環境団体が意見を言ってきたのを覚えています。

環境団体「ちょっとまて、ここには希少野生生物がいる。木を切ってはだめだ。」

私「いや、でもこれは法的な問題もクリアしているので大丈夫ですよ。」

環「いや、そういうことではない。希少な生物がいる。我々が認めない。」

私「(何を根拠に言っているんだ??)、でも我々も仕事でやっているんです。対応できる範囲で環境には配慮いたします。」

環「だめだ」

私「ではどうすればいいのでしょうか?」

環「まずは、希少生物への影響を把握するため、現在の個体数を調査する必要がある。」

私「わかりました。では、調査ができる業者を探して、まずは調査規模・方法を確認します。」

環「いや、その調査は我々がやる。」

私「あ~良かった。調査をやってもらえるなんて、助かります。」

環「この場合の調査費は、だいたい500万円くらいかなぁ。詳細は後日連絡する」

私「は?・・・(あ、そういうビジネスモデルなのね。)」

ちなみに、これ以降この団体を無視。世の中おもしろビジネスがあるものだ。大変勉強になりました。