金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

2025年、人は「買い物」をしなくなる

 

タイトルが正確でないですね。2025年に【店舗で】買い物をしなくなるということです。

この本にあるように、確かにネットで物を探すのですら、私は面倒だと思います。時には、多少高くても面倒だからここでいいやと、買ってしまうこともあります。

洗剤が切れたら自動発注という時代が来るかもしれませんね。

楽天市場は、あえてあのめんどくさいサイトの作りをしているわけですが、果たして今後は大丈夫なのだろうか。

 

実店舗、特に商店街は今でもそうですが壊滅的です。本当にどんどん無くなって行くでしょう。

面白いのが、商店街の人たちがこの現状を常に人のせいにしていること。前にも書きましたが、私は一度商店街の方達と仕事で関わったことがありますが、二言目には市長が悪い、行政が悪いとの言葉が出てきます。ただ時代の流れについていけてないだけでしょう。(笑)

こういうのは、むしろマーケットから消えてもらった方がいいのですが、商店街で特に悪いのが、シャッターで閉まった店舗を貸し出さないこと。

シャッター商店に課税をして、格安で若い人に店を開いてもらうという政策がなぜ取れないのでしょうか(笑)。この意味では確かに行政は失策。