金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

大阪都構想が日本を破壊する

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書)

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書)

 

今回読んだのは、大阪都構想否定側の立場をとる藤井先生の本です。

大阪都構想の狙いを一言でいえば、「大阪市の持っている金を大阪府に召し上げる」というものです。

それをどう考えるかは、先生が何度も書いているように人それぞれです。

 

大阪市民にとっては、大阪府全体のために自ら血を流す覚悟はありますか?という問いになります。なので大阪都構想是非の投票は、大阪市民が対象なのです。あとで「自分たちで決めたことだろと」言えるようにするために。

 

藤井先生の意見は、大阪府の中心は大阪市であり西の首都としての発展のため、お金を集中投下すべきだというものです。

それはそれでいいと思うのですが、私は視野が狭いと思うんですよね。言い方を変えれば自分だけ良ければいいという理論。大阪府全体で成長しようとは考えないのでしょうか。大阪市だけ良くても大阪府全体が衰退すれば、当然大阪市も衰退すると思うのですが。。。

 

実際、今そうなっていませんか?この本にグラフがあるように、大阪は東京との差がどんどん開いていってしまっております。富山、金沢まで東京圏に入ってしまいましたね。

 

今の大阪府大阪市のシステムだから差が開く一方なのかもしれません。

 

さあ、これからの大阪はどうなってしまうのでしょうか。ちなみに、関西圏の行政は既得権化して金に汚いというのは、数字が証明しています↓

ossan-kabu.hatenablog.com