金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事

仰々しいタイトルですが、よく研修本や啓発本に書かれている内容です。

「人を認めてあげれば動くようになりますよ」ということです。

 

私がいつも疑問なのが、どの組織にも必ずゾンビ(仕事をしなくなる社員)がいるということです。

これが非常に面白いのです。おそらく、マッキンゼーくらいの会社になればいないのでしょうけれども。。。

 

私の会社にもいます。

そのゾンビは、各部署に均等に配分されます。大問題ゾンビは新任管理職に押し付けられ新任管理職の洗礼とされます。こんなのだから誰も管理職をやりたがらないのでしょう。

さて、普通なら「そんなゾンビは首を切ればいいじゃないか」と思うのですが、法令などの関係で簡単にできないようです。ならば給料を半分とか、3分の1とかにしてしまえばいいと思うのですけれども、なぜかこれができていないようです。本当によくわからないです。

 

もし、給料を半分にして組合が何か文句を言ってきたら、

「ほら、○○さんの一日の動画です。一日中ヤフーを見ていますよね。ここにアクセス記録もありますよ。これでも今までの半分の給料が出ています。組合さんが怒るのも無理がありません。半分じゃ足りませんでしたね。来月からは、給料を3分の1にさせてもらいます。それとも4分の1にしましょうか?お好きな方を選んでもらって構いませんよ。」

と言ってあげればいいと思うんですけれども。。なぜこれができない?

 

最後に。

以前私にはどうしても我慢のならないゾンビがいて、管理職に何度もどうにかしてくれとお願いしたけど無視されたので、人事に直接こう言いました。

「本当に勘弁してください。管理職に何度言っても改善してくれません。○○さんが毎日やっているのは犯罪です。こういう時代です。ああいう行為の動画がある日突然、ユーチューブで公開されたら、人事さんも大変になってしまいますよね?あの方を動かせないのはわかります。ちなみに、私の希望の部署は・・・・」

と言ったら、かなり少ない事例でしたけれども私を異動させてくれました。