金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

お金は銀行に預けるな

 

 タイトルにもあるように、金融リテラシーを学ぶものです。

「金融リテラシーとは、金融に関する情報や知識を単に学ぶのではなく、そこで得られたものを批判的に見ながら、自己の金融に対する学習を経験として重ねていくことで、金融の情報や知識を主体的に読み解くことができるようになることを指します。」と定義づけされています。

 

まさに、私が日頃考えていることがこれです。私は、この情報というところに政治という要素も含まれていると考えています。

金融は経済に、経済は政治に密接に関係しています。つまり、政治を読み解くことで経済、ひいては金融の方向性をある程度読み取ることができ、私の金融資産の増加につながるはずということです。

私が政治的発信をしているのはそのためです。極端に言えば、政治を理解しないと自分の金融資産は増えないと私は考えています。

 

よく、チャートや企業業績で株の売買をしているような方もいますが、政治の動向を考えずにそれだけを頼りにしていると、この本にもあるようにそういう方はまず勝てないと思います。

 

「それでも勝つ人がいるじゃないか!」

と言われそうですが、この本にもあるようにそれは簡単に説明できます。この本では「じゃんけん理論」と呼ばれています。

 

その理屈は。。。またどこかで。