金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

世界を動かす100の技術

 

日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術

日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術

 

ちょっと前の本ですが、ブックオフで100円だったのでまぁいいかと買って読んでみました。

 

新しい技術として、スコアレンディングや、顔認証を利用したデジタルサイネージへの広告連動がおもしろいと思いました。

 

例えば、駅を歩いていて、駅の壁にあるデジタルサイネージに私の好きなパソコンの広告が表示されます。私の顔をカメラで撮影していて、私の趣味に合った内容を連動して画面に表示させるというものです。

 

随分古いですが、トム・クルーズの映画「マイノリティーリポート」にも同じようなシーンがあったような記憶があります。古い…

マイノリティ・リポート (字幕版)
 

 

そして、パソコンが欲しくなって買おうとしてクレジットカードを切ろうとしたら、スコアレンディングによって既に私の評価が済んでおり、私にはお金の信用があまりなくクレジットカードが使えなかった…

 

というようなことでしょうか。

 

こういうことをやろうとすると、本にもありましたが、必ずプライバシーが・・・と言って反対する人がいます。私は便利になるのであれば、いくらでも情報を出すのですが。

 

私の経験上、プライバシーで騒ぐ人ほど実は大した個人情報ではないというのが面白いところ。誰もあんたの情報なんかほしくないよと。

 

そのくせ、ラインやフェイスブックはやっているという意味不明な始末。ネット広告はすでに連動が当たり前なのに。

 

自動運転を普及させようとしても、結局、責任の所在はどこだなんて言っていて普及が全く進まない。その間に世界とどんどん差が開いていく。

 

何をやろうとしても、枝葉末節な議論で全く前に進まない。これでは海外に絶対に勝てませんね。本当に笑ってしまいます。