金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

官僚と新聞・テレビが伝えない じつは完全復活している日本経済

 今回は私の好きな上念司氏の本から。

タイトルのとおり、官僚やマスコミへの痛烈な批判が終始綴られています。この方の仰るとおりです。

 

ただし、一つ気になる点がありました。

消費税を増税すると「増税→景気悪化→財政悪化→増税→景気悪化」の無限ループになるという、この本にあるような超簡単な構造なのに、なぜ財務省増税を省是とするのかということです。

 

どんなに財務省を批判している本もこの点だけはなぜか詳しく書きません。

ユーチューブで財務省を批判している著名な人も「なぜ増税思考になるのか」という点について詳しく解説していることを聞いたことがありません。私は一番そこを知りたいのです。

 

上念氏に期待しましたが、この本では官僚の肥大化、省益確保(天下り)程度の記述でした。本当にそれだけでしょうか。

 

この点について私に仮説があります。財務省は消費税の増税と引き換えに法人税の減税を行っています。 

ossan-kabu.hatenablog.com

 

上念氏をはじめ著名な方の多くは、会社を経営しています。

 

つまり、消費税を下げるということは、法人税を値上げされるということになり、自分の財布が苦しくなってしまいます。

 

だから、著名な方もこの点については触れないのではと勘ぐってしまいます。