金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

勝手にマネープランクリニック(その6)

ツッコミどころ満載の記事に思わず手が動いてしまいました。

 

news.careerconnection.jp

  • 住宅、マイカーローンは悪手。
  • 生命保険、子供の塾代なんて不要。
  • 私立高校に行く必要なし。
  • 私立の理系大学に行けない!?、何を言っているのでしょう。国立に行けばいいじゃないですか。
  • ちなみに、総理大臣の菅さんは、高校を卒業後、働いてお金を貯めてから大学に行っていますが、何か問題でもあるのでしょうか?
  • そもそも、40代で年収800~1000万円の公務員ってどういうこと!?

 

最後にあるように、収入に見合った分相応の金額で生活をする。これ以上でもこれ以下でもない。

お金がいくらでもあれば、1万円札で鼻をかんだり、1万円札で焚き火をしたり、札束の風呂に入ったり、トイレでお尻を拭けばいい(トイレは詰まるけど)。

 

 

news.careerconnection.jp

  • またまたやってしまいました。住宅ローンはダメだって。。。
  • 高額の保険なんか入る必要はありません。うちは都道県民共済がメインで2人分で月々6,000円です。

 

news.livedoor.com

やばい、やばすぎます。この記事は相談者もアドバイザーもおかしくないか。またこのアドバイザーか。。。

見ず知らずのアドバイザーですが、私のグーグルニュースで拾ってしまうので仕方ない。

 

ちなみに、この厳しい家計でも簡単に黒字にできまね。無駄を省く、ただそれだけ。あとは意志の問題。

 

  • まず、築31年でローン残高1200万円ってどんな計画で契約したのでしょうか。家計は危機的状況です。恥を偲んでお金を貯める方針しかないです。
  • 修繕予定費はいいとして、外壁塗装なんかやめましょう。外見を気にしている余裕はありません。マイナス150万
  • 車の買い替えで130万とか高すぎでしょう。車は30万で走ります。マイナス100万
  • 保険は全部解約。県民共済で十分です。北陸にもあるでしょう。4人で月1万もあれば十分です。マイナス2万8千
  • 子どもが高校にも入っていないのに私立大学なんて言うのはやめましょう。
  • NISAなんていう博打はやめましょう。マイナス8500円
  • スマホは断固拒否とのことなので、とりあえず保留。
  • タバコ、酒とか生きていくのに全く必要ありません。

 

そして、アドバイザーの助言がまたすごい。簡単に書くと、

  1. 今のペースではお金がたりない
  2. 聖域なき支出見直し
  3. 夫56歳からが老後資金の貯めどき

とのこと。

ちょっとまて。なんだこのアドバイス!?

 

1.今のペースではお金がたりない

→そんなことは誰にでもわかるでしょう。さすがプロ。

 

2.聖域なき支出見直し

→わからなくもないが、プロなのだから精神論ではなく具体的に数字で言わないと。。

 

3.夫56歳からが老後資金の貯めどき

→今でも赤字なのに、なんで14年後の話を今しなければならないのでしょうか。私なら今日から無駄を省かせるアドバイスをしますね。

 

そもそも、順番がおかしすぎる。

 

前述したように、今の生活を見直さないと、お金が節約できるはずがない。ところが、このアドバイザーの最初のアドバイスが、「食費、通信費、雑費から2万5000円捻出してほしい」です。

 

いやいや、違うでしょう。どう考えても、酒・タバコでしょう。

なんで、酒・タバコの見直しが食費より後にくるのでしょうか。

 

次に、「ボーナスの使い道がいろいろありますが、保険料や固定資産税など絶対削減できないものを除き」とあります。

 

ちょっと待て、保険料なんて削減は簡単でしょう。外交員を呼んで止めると言うだけ。保険なんて無駄の最たるもの。あとNISA。

 

株という博打と、保険という人の弱みにつけこんだ怪しい金融商品を止めるのが最初です。

 

株なんて、投資したら忘れるくらいの気持ちでやるもの、余裕がない人はやってはいけない。

 

いつも思うのですが、なぜかフィナンシャルプランナーは、金融商品を勧める、または削減対象としない傾向があります。

 

これは私の想像です。

フィナンシャルプランナーが投資サイトからお金をもらって記事を書いているからではないかと私は考えています。

投資サイトは、保険屋さんや証券会社に広告を出してもらっていますよね。

つまり、フィナンシャルプランナーは、保険屋さんや証券会社からお金をもらっているということです。

なので、フィナンシャルプランナーは、保険と株を買わせるしかない。

 

これ以外に理由があるのなら、ぜひ聞いてみたい。