金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

なぜ倒産

今回はこの本から。 

なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則

なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則

  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本
 

 

倒産の事例集みたいものです。

ざっくりその原因を整理すると次のような感じでしょうか。

  1. 事業の急拡大
  2. 金融商品に手を出す
  3. 身内のいざこざ
  4. 起死回生の一発に賭ける

どこかで聞いたことのあるような内容ばかりです。

 

さて、気になる倒産の原因として、粉飾決算がありました。

私はいつも疑問なのですが、会計士ってこういうのをチェックするのが仕事ではないのでしょうか。この本にある会社に限らず、粉飾決算は今までいろいろな会社で行われてきました。

粉飾決算 - Wikipedia

これらの事件の際、会計士って何かペナルティを受けているのでしょうか。ちなみにペナルティというのは業務停止という生易しいものではありません。ことの重大性から資格剥奪くらいのことをやってもらわないといけませんね。問題なしと毎回報告するぐらいなら私にだってできます。

 

もう一つ気になったのが、経済産業省都道府県が補助事業認定や優良企業認定という、いわゆるお墨付きを与えた会社が倒産していたというもの。

 

国や県が認定しているのになぜ!?と思う方もいるかと思いますが、私は逆です。

「なんで、企業経営をしたことがなく潰れない会社で働いている、経営者の苦しみがわからないぬるま湯公務員ごときが、命がけで経営をしている企業の各付けなんかできるの?」

と思うのです。

 

なぜ行政が企業の認定や各付けに走るか、、、これはまた機会を見て書きます。

 

巻末で、大塚家具の大塚久美子氏が「社長」という肩書で書かれていました。この表記を見るのはこれが最後かな。