金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ

この方、なぜ自分が干されているのか分かっているのでしょうか。

それは、今まで散々仲間を裏切ってきたから。この方、自分が勝てなそうだと判断すると、すぐにくっつく人間を変えるのです。

今度は派閥の会長を辞めてどこへ行くのでしょうか。

www.sankei.com

business.nikkei.com

 

例え自分が仕えた人が志半ばで夢途絶えたとしても、最後まで忠誠を尽くす人間は信頼に値し後世まで語り継がれます。

しかし、自分の立ち位置を明確にしなかったり、コロコロと主を変える人間はいつの時代も信頼されません。

 

大谷吉継島左近、真田親子、松永久秀小早川秀秋などなど、参考になる例はたくさんあるでしょうに。

 

先日読んだマキャベリにも書いてありました。

ossan-kabu.hatenablog.com

 500年も前の人も分かっていたのに、どうしちゃったのでしょうか。

「賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ」これは有名な格言です。