金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

電車は身分制度が残る場

興味深い記事発見。

新幹線の空席に堂々と荷物置く態度に怒り「思考回路どないなってんの」 - ライブドアニュース

 

電車は数少ない身分制度が残る場です。料金により座席が分けられます。まさに身分制度そのもの。

在来線・新幹線ともに、普通車よりも有料座席の方に身分の高い方が集まります。ここで注意したいのが、身分の高い方はお金持ちだから有料座席に座るのではないということです。

ここにいる方は、それなりの教養・素養を備えているから、お金があとから付いてきて、その結果、身分が高くなるということです。

このような方たちは人が座る席に荷物を置いたりすることは、あるかもしれませんが、普通車にいる方よりは遥かに少ないうえ、混んできたらさっと荷物をどかします。

 

ちなみに、私が都内に行くことはあまりありませんけれども、行った際の帰りはほぼグリーン車に乗ります。

あの窮屈な環境は耐えられません。僅かな移動時間ですが椅子に座ってゆっくりと本を読んで過ごします。その有意義な時間に投資する金額としては、グリーン料金は高くないと考えています。

 

なお、おっさんは人ゴミが好きではありません。以前の記事を紹介します。

ossan-kabu.hatenablog.com