金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

価格は需要と供給で決まるとはいえ…

こんな記事を発見。

ダイソンの最軽量掃除機が64,900円とのこと。

 

ダイソンのといえば、高級掃除機が有名でバカ売れしているメーカーです。価格コムで調べてみました。

f:id:ossan-kabu:20201009065124p:image

まあ、結構お高い。

 

他人が買うモノなので、どうでもいいといえばそれまでなのですが、私はいつも疑問です。

 

なんで、掃除機なんかが、3万とか6万とかするのか不思議でしょうがない。

掃除機なんて、ただ空気を吸うだけの機械でしょう?

 

うちで使っている掃除機は、10年くらい前に買った8,000円くらいの東芝製と、3年くらい前に買ったアクア製の3,000円の掃除機の2台です。

全く問題ありません。

 

掃除機なんて、こんなので十分じゃないでしょうか。こういう人もいるでしょう。

「吸引力が落ちない!!」

きっとダイソンは落ちないのでしょう。だからなに?

 

うちで使っている掃除機は、確かに吸引力は落ちます。しかし、月に1回程度フィルタの交換や掃除を2,3分やればまた復活します。それがなにか?

 

こういうのをどんどん買える人はお金持ちで大変うらやましいです。