金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

ガソリン車終了のお知らせ

私が繰り返し書いてきたとおり、ガソリンエンジン車は近く終了します。予想よりももっと早く終わりそうです。

「電気自動車+AIによる自動運転」により、自動車はコモディティ化します。つまり、ただの家電となります。今まではブランドだの、走りだの、ステータスだのと言っていたこの商品が、ただの移動する箱となります。求められるのは「移動中に何ができるか」です。

 

電気自動車は機械的レシプロエンジンと違い、相対的に構造が簡単なので比較的参入が容易です。なので中国の新興メーカーや、日本ではソニーまで電気自動車を作っていますね。

 

既存の自動車メーカーにとっては死活問題です。自分たちの聖域が侵される訳ですから。しかも、機械的な部品が相当減るため、関連企業がいらなくなります。トヨタをはじめ日本のメーカーは、ピラミッド構造なので、機械式の自動車を作らなくなると、ピラミッドの底辺への影響は絶大です。

 

なので、日本の自動車メーカーは、適当な理由をつけていつまでも電気自動車を作らずにガソリン車を作り続けているのです。この点、日産は素晴らしいと思います。ホンダもついに時代に逆らえず電気自動車をつくりますね。

 

今、百田尚樹の有名な「海賊と呼ばれた男」を読んでいますが、どの時代も自分を変化させず、利権に固執した旧態が跋扈しています。本当に人間は勉強しない。やはり、経済、社会、ビジネスを学ぶには歴史の勉強が欠かせません。

 

さて、自動車メーカーはガソリン車ばかりを作っていますが、時代の趨勢には逆らえません。自動車がただの箱になると、自動車メーカーの存在感が薄まり、今度はソフトウェア会社に主導権が移ります。

トヨタさんは、箱だけ作ってください。ちゃんと値引きしてね。中身はうちで作りますから大丈夫です。え、だめ!?そうですか、なら、ホンダさんに頼むからいいです。箱の部品なんてどのメーカーでも大して変わらないのだから。家電メーカーに頼んでもいいんですよ。」と。

 

これは、トヨタや日産が、ピラミッドのトップから落ちることを意味します。ずいぶん前ですが、トヨタの社長も危機感をあらわにし、脱自動車メーカーを宣言しています。人工知能に手を出したり、ソフトウェアに手を出したりと、主導権争いに負けじと頑張っています。

 

しかし、トヨタは時代の趨勢に抗い、電気自動車をまだ作らない。作らないどころか、ガラパゴスの水素自動車を作りはじめました。私はご乱心かと思いました。

 

トヨタは何か新しいプラットフォームで支配者になりたかったので水素に目をつけました。しかし、誰も水素なんていうガラパゴスについてきませんでした。だからトヨタは、水素自動車の特許技術を無料公開して「うちのグループにおいでよ」と、関連企業に秋波を送っているのです。

 

水素をスタンドに持ってくるまでに、一体どれだけの二酸化炭素を排出するのか全く情報がありません。これは、電気には勝てないからと私は踏んでいます。

水素をスタンドに持ってくるのは、トラックなどの物理的な方法です。一方、電気なら既存のインフラで供給が可能です。しかも原発を動かせば電気なんていくらでも生産できます。太陽光でも電気は生産できます。

少なくとも、この条件で電気ではなく水素を選択する理由が全くわかりません。

 

ここで原発が出てきましたけれども、私は原発は賛成派です。こんなクリーンなエネルギーを使わない手はありません。事故が〜という人が必ずいますが、完全に枝葉末節な議論だと思います。数百年に一度の事故、しかも、地震で壊れたのではなく津波で壊れた原発に、いつまで非現実的、非効率的、非合理的な感情論を続けているのでしょうか。

原発の不合理な話はまたの機会とし、話を戻します。

 

ガソリンエンジン車を人間が運転する車は既に時代遅れなのです。今日軽井沢に来る際の高速でもそうでしたが、なんとまあ、自分勝手な運転をするドライバーが多いこと。

 

無謀なスピード違反、急な車線変更、狭い車間距離。これらは全て渋滞の原因となります。先週の軽井沢は大渋滞だったようですが、ご愁傷様です。個人が自分のことしか考えないと全体の利益を損なう「合成の誤謬」となるのです。

 

AIによる自動運転で車間をしっかり取ってみんな一定速度で走り、無駄な車線変更をなくせば、渋滞は発生しないのです。追い越し車線を馬鹿みたいなスピードで駆け抜ける燃費と頭の悪い車もいなくなるのです。

 

このように、電気自動車+AI自動運転は、クリーンなエネルギー、コモディティー化による価格の低下、移動時間の有効活用、渋滞削減、事故の減少など、メリットしかありません。

 

一日も早く素晴らしい社会が来ることを期待します。