金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

医者の給料は公務員並みでいい

前回の続き。

 

東京女子医大の集団退職が話題ですが、これがまさに医療の現状です。

 

すなわち、医者の多くが自分の懐を肥やすために医者になっているだけであり、人の命は二の次と思っているということです。

心配なのは自分の給料、高級車、高級マンションです。看護師や患者のことなんかどうでもいいのです。

もちろん全員ではありませんが、殆どがこのパターンでしょう。

 

私は僻んでいるつもりは全くありません。アメリカみたいに医療が完全にビジネスであれば、治療費を1億でも10億でも100億でも患者に吹っかけて儲けてもらえばいいでしょう。

治療費はお互いの合意なのですから。ある意味アメリカの方がハッキリしていて清々しい。

 

しかし、日本は強制加入の皆保険制度なので医者の給料は半分税金みたいなものです。

なのに医者がボロカスに儲けたうえで、しかも今回の件では最前線で戦う看護師にはその対価を分けない。

 

携帯会社もそうですが、日本は規制に守られて甘い汁を吸い続ける既得権益連中が多すぎるのです。だからイノベーションが起きず、若者がドン引きし、国力がどんどん衰退していくのです。

 

もう看護師さんは全員辞めて病院経営を危機に晒してしまえばいいのではないでしょうか。大丈夫、医者が資金をたくさん持っていますから出してもらいましょう。

 

私はいつも思うのですが、医者の年収は国家公務員並みでいいのではないでしょうか?

そうすると必ず「給料が安いと優秀な人間が医者にならなくなる」という理屈を言う人がいます。

逆に聞きたい。医者を目指している方達って、お金のためなのですか? 人の命を救いたいからじゃあないんですかね?

 

正直、勉強がたまたまできるという理由で周りに勧められて金とステータスのために医学部に入って何となく医者をやっている人間よりも、多少勉強はできなくても人生をかけて命がけで患者と向き合いたい医者を、社会は必要としていませんか?

 

それを振り分けるフィルターが、医者の給料を公務員並みとすることです。

前者はそれでも医者になりますか?