金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

ふるさと納税をするほど高校授業料が安くなる?

www.asahi.com

今日はこのニュースから。

結論を先に書きます。

ふるさと納税をするほど、高校の授業料が安くなる」のです。

いや、正確には「なった」というべきかもしれません。

どういうことか詳細を書こうと思ったのですが、記事にある内容が全てでした。ふるさと納税をすればするほど、支給の判定基準が下がるので、本来補助を貰う必要のない家庭も補助対象となってしまうというものです。

ちなみに我が家は、世帯年収が1400万円ありますが、高校3年間全て補助金を頂くことができました。高校授業料が3年間タダでした。我が家はふるさと納税を毎年MAXまで行っているためです。

ふるさと納税でさんざん得をさせていただいて、更に高校授業料までタダとは、大変ありがたい制度だとは思います。ただし、全員が平等に得をできるのであればです。この制度を知らない人も大勢いるでしょう。

こんなこと最初からわかっていたでしょうに、一体国は何をやっているのでしょうかね。それとも、一部の知っている人にしか敢えてわからないようにしたいつもの制度でしょうか。

所得のある人は困っていないのだから本当に支援を必要としている家庭に手厚く補助しろって、いつも思うのですが。

 

別の記事では2020年度からもうこのワザは使えなくなるとのこと。残念ですが、うちはギリギリセーフでした。

しかし私が気になるのは、これと同時に私立高校の支援が手厚くなるらしいこと。これは絶対におかしい。これが私がいつも言っている、私立高校のロビー活動の成果です。

これについては長くなるのでまたの機会に。