金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

今日はこの本から。 

さすがベストセラーを誇る本だけあって内容が半端なく良かったです。

この本は作者のガンの発見後、その後の仕事を全て断り書き上げた一冊です。まさに人生をかけた作品がたったの2000円で読めるなんてなんという素晴らしい世の中なのでしょうか。

こんな素晴らしい世の中なのに、人々は思い込みにより世界がますます悪くなっているという錯覚に陥っています。

その原因として何度も繰り返し述べられているのが、マスコミの存在です。彼らはとにかく危機をクローズアップして人々の不安を煽ります。それはマスコミの報道や記事を見せるためです。データをもとに真実を見ることが必要です。

 

現在の日本はどうでしょうか。

新聞では日経新聞をはじめ、注目を集めるような見出しにも関わらず真実を書かない、ウソを書く、都合のいい記事しか書かない。中の広告を見ると補聴器やサプリメントの広告ばかり。

テレビでは、どうでもいいことを繰り返し放送し不安や危機を煽る。NHKニュースや報道ステーションなどは、報道番組ではなくただの「政治ショー」です。得るものはありません。

しかも、ネットニュースですら見出しに見合わず内容がない記事ばかり。

 

新聞やテレビは論外なので無視するとして、私はネットニュースに対してツッコミを入れてきましたが、ひょっとしたらネットニュースも無視する対象なのかもしれません。

実は作者はこれが一番言いたかったのかも。