金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

やっとネット広告費がテレビを超えた

ついにこの日が来ました。おっさんとしては待ちに待った日でした。

広告費、ネットがテレビを超える。電通「2019年 日本の広告費」 - Impress Watch
www.dentsu.co.jp

テレビなんて、誰も求めていない情報を公共の電波で垂れ流して、他に情報源がない年寄や専業主婦などを洗脳するくだらない媒体です。見る価値があるのは本当に限られています。以前書いたように基本的に存在価値はありません。

ossan-kabu.hatenablog.com

私もかつては好きな番組がありましたが、最近はめっきり見なくなりました。ユーチューブのほうが有益でCMもなく真実を知ることができます。ただし、ユーチューブはハズレも多いので要注意。

これだからテレビが嫌いだをリストにしてみました。

  • CMがわざと大音量にしてある。極めて不快。しかも最近のCMは昔より時間が長くないか。
  • ゴールデンタイムはクイズ番組か再現映像か健康番組かユーチューブのパクリ。
    →制作費が安いからこのコンテンツが多いと推測。
  • ニュース番組は事実を淡々と放送するものなのに、いちアナウンサーが「私はこう思います」などと自分の意見を言ってしまう。中立公平公正を標榜しているのに何様なのでしょうか。しかも結構トンチンカンなことを言う凄さ。
  • バラエティの司会がお笑い上がりばかり。しかも面白くもないのに笑いは音声で入れている。
  • 歌番組は口パクが多い。
  • ジャニーズと吉本がやたらと多い。
  • ユーチューブに負けそうだからとユーチューバーをテレビに出す醜態。
  • ワイドショーでは同じことを何度も放送する物わかりの悪さ。
  • 噂の東京マガジンのように、ごく一握りの人の言うことを、世論全体の意見のように取り上げる滑稽さ。
  • スポーツ選手上がりのコメンテーターが政治や経済にコメントしちゃうとか私には赤面ものです。
  • ニュースの中でネットのコメントですと言って、ツイッターのコメントを表示してしまうが、これを見るたびに噴飯してしまう。
  • 嘘を放送する。これが一番まずいですね。

昔母親が「テレビばっかり見てるとバカになるよ!」と言っていたが、このことだったのかと改めて思いました。

私はテレビなんかにお金を出しているスポンサーが理解できません。

ちなみにCM作成費のうち、3分の2は手数料でピンハネされて、残りの3分の1が実際にCM作成にかかる費用と何かで聞いたことがあります。

私はたまにドラマを見ることもありますが、必ず録画してからCMスキップにします。テレビCMなんて邪魔で人を不快にさせる映像と音声です。