金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

おっさん流、投資法(その8)賭博

今回は賭博について考えてみたいと思います。

ここでいう賭博というのは、競馬、競輪、オート、競艇、パチンコ、スロット、ロト、宝くじのようなギャンブルのことです。

お金を増やすためにやっている方がたまにいるのですが、この類のものは全てやめた方がいいですね。胴元にカモられるだけです。

わかりやすい資料を見つけましたので、紹介したいと思います。 

 
f:id:ossan-kabu:20200122224723j:image

カイジの漫画を使って書いたお金の話の本です。この本にギャンブルの期待値が示されています。期待値を簡単に言うと、写真にあるように100円賭けたときにどれだけのリターンが期待できるかということです。

見ていただくとすぐにわかりますけれども、初めから賭け金よりもマイナスの期待値となります。これは胴元と言う運営者が人件費などの経費を最初に懐に入れて、残った分をみんなで奪いあうので当たり前といえば当たり前の話です。

私はこの本で初めて知ったのですが、ロトと宝くじが随分とピンハネしてるんですね。ロトと宝くじなんて絶対に買わない方がいいです。

もうお分かりのように、ギャンブルなんてものは初めから負けゲームなのです。やればやるほど損をする仕組みです。中にはうっかり勝っている人がいるかと思いますが、それはほんの一握りの人です。

そもそも全員が必ず損する仕組みなら誰もやらなくなりますよね。たまには一部の人に勝たせて宣伝してもらわないと、誰も通ってくれなくなりますw

パチンコ・スロットなら意外と期待値が高いと思う方もいるかもしれませんが、仮に勝つとしてどれだけの時間を使うのでしょうかね。しかも大音量とタバコ臭い室内で健康を犠牲にして。

私にはあそこに通う人間が羨ましくて仕方ないです。時間とお金と健康をドブに捨てるほど生活が裕福でいいなぁと。

 

一方、株はどうでしょうか。正直簡単です。例えば何も考えずに明日JT株を買ってください。

stocks.finance.yahoo.co.jp

口座が有れば1分で買えます。金額は現在約24万です。ギャンブルであっという間に溶けてしまう金額ですが、JTはまず潰れませんので安心です。これが1年たったら6%の1万5千円もらえます。こっちの方が確実ではないでしょうか。株価は上下しますが、現在の金額でも6%あるので株価なんか無視です。

まあ、胴元に貢ぎたいお金持ちの方は、ギャンブルやればいいんではないでしょうか。私は貧乏なので株でコツコツ稼いでいきます。