金融資産1億円を目指すおっさんのブログ

蓄財記録、仕事効率化、ひとりごとなど

おっさん流、投資法(その5)NISA

今回はNISAについて考えてみたいと思います。NISAはやった方が得なのでしょうか?

まずは金融庁のHPを引用します。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

「NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。」とのこと。

簡単に書くと、NISAで取引をすれば譲渡益の20%の税金が免除されるということです。

もちろんその適用には条件があります。非課税枠は1年あたり120万円までで合計600万円まで。その他にも、証券口座を変えたらどうなるとか、ロールオーバーをしたらどうなるとか、損益通算ができないとかありますが、おっさんは全く興味ありません。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/knowledge/index.html

 

その理由は次の一文です。

「売却をした分に対応する非課税投資枠は再利用できない」のです。

f:id:ossan-kabu:20200101171757p:plain

どういうことかというと、5年で600万円ある枠の恩恵を最大限に受けるためには株を5年間持ち続けないとならないということです。言い換えるとお金がロックされるということです。

例えば1,000万円運用し、仮に年間4%の配当利回りとすると1年間で40万円配当がもらえることになります。この40万円に通常の口座であれば20%の税金がかかりますが、NISAなら無料とのことです。ここで40万円の20%というと8万円です。

つまり、差引き年間8万円の配当を得るために、1,000万円という大きな運用資金を塩漬けにすることになるのです。8万円というのは、1,000万円にしたら僅か0.8%です。

この率をどう見るかだと思います。確実に0.8%を取りに行くか、お金をぐるぐる回して運用するか。私は後者を選びます。

以上を踏まえ冒頭に戻りますが、NISAはやった方がいいのか?について私の考えは、NISAはやるがNISAであることを無視していつも通りに売買する。以上です。損益通算とか手数料がどうだとか、そんな面倒なことは考えません。

なお余談ですが、このNISAにも個人に株式投資をさせる政府の意図が見えませんか。株を買わせて5年間ロックですからね。余程国民の眠っている金を引き出させたいようです。その辺の私なりの解釈はまた機会を見て書きたいと思います。